ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

夏の花火が散るまでに

作品番号
1565223

最終更新日
2019/7/12

夏の花火が散るまでに

ふわ⊹*/著 ジャンル/恋愛(純愛)
0ページ
PV数/188

    『一緒に花火、見ようね。』

そう、彼女は言った。

  


   昨日も一緒に過ごしていた。

   
   今日も一緒に花火を見たかった。




  ほんとはもっと一緒に居たかった...




 















 ୨୧。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。୨୧


       夏目  くるみ

          ╳

       瑞樹  ひなた

 
 ୨୧。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。୨୧






















 

君との出会い、僕は絶対忘れないから──。





 









 高校生の僕はある日、彼女に出会った。

 彼女は明るく僕と正反対だった。



 『私、もうすぐ忘れちゃうの。』

 『みんなのこと、全て。』



 彼女に隠された秘密と僕との出会いに

 隠された奇跡に感動の涙!!




   
    

あらすじ

   『一緒に、花火見ようね。』

     そう、彼女は言った。


小説を読む