ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

あなたに見つめられたら私は

作品番号
1563014

最終更新日
2020/2/11

あなたに見つめられたら私は

ばにぃ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
256ページ
PV数/1,114,654・総文字数/116,526



今の生活に息苦しさを感じていた

そんな私を変えてくれたのは……あなたでした。




自分の気持ちを素直に言えない女子高生

千紗(ちさ)15歳

「キュンキュンしすぎて死にそうです……」


×


何事にも冷静で紳士なイケメン

珠樹(たまき)23歳

「千紗が可愛いから、つい変なことしたくなっちゃうんだよね」



あなたに見つめられたら私は……。



「や、めて……」

「やだ。やめない」



その後……私にキスの雨が降り注いだ。



2020.01.30 〜完結〜

あらすじ

自転車で高校に通う千紗(15歳)は、自分の本当の気持ちを言えない性格で、毒親である母のために毎日いい子を演じていた。ただひとつ楽しみにしていたことがあり、バイトしている弁当屋で、たまに配達しにいくBARの店長、珠樹に会うことだった。整った顔立ちで大人の男性な珠樹のことを秘かに想っていた。そんなある日、千紗は商店街で不良たちに絡まれてしまい……。


小説を読む