ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

猫かぶり王子と灰かぶり姫

作品番号
1561474

最終更新日
2019/6/15

猫かぶり王子と灰かぶり姫

水面雫/著 ジャンル/恋愛(純愛)
4ページ
PV数/86・総文字数/3,921

分厚い眼鏡に目元が隠れるほどの長い前髪、まるで顔を隠すかのようにつけられたマスク。

「君って本当はそんなにいい子ちゃんじゃないでしょ?」

目の前にいる彼女は、眼鏡の奥で不敵な笑みを浮かべてこういった。





まるで漫画の世界から飛び出てきたような、何もかもが完璧な彼は言わずもがな学校中の人気者。

けれど私には、そんな彼の雰囲気が胡散臭くて仕方がなかった。
案の定、彼はやっぱり王子様、なんて大層なお坊ちゃんなんかじゃなくて…

「そういうアンタこそ偽って生きてんだろ。」



ただのドS野郎だった。



はずなのに、一体何があったのだろう。


「お前のことが好きになったって言ってんだろ。」


「アイツが好きだろうと関係ねぇ…
お前は俺のモンだ。」


いつの間にか溺愛されていた。

と思えば、幼馴染や先輩、後輩…
次から次へと求愛されて…

人生最大のモテ期到来。
波乱万丈な生活が始まる。


瑞希 伊織(みずき いおり)
地味な格好をしている隠れ美少女
×
天宮 海莉(あまみや かいり)
爽やか王子を演じるドS野郎



幼馴染:南野 湊(みなみの みなと)

弟 :瑞希 翔(みずき しょう)

先輩 :白河 暁(しらかわ さとる)

後輩 :神代 遥(かみしろ はるか)

元彼 :冴島 蓮(さえじま れん)


小説を読む