ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

本当の気持ち教えてよ

作品番号
1561069

最終更新日
2019/6/23

本当の気持ち教えてよ

まられ/著 ジャンル/恋愛(実話)
1ページ
PV数/7・総文字数/447

陽太は女の子を好きになったことがないと聞いていたが高校が離れてしまうので思い切って告白した

そして返事はOKだった

その後私が誘ってデートをした

デートから帰ってきたら
「恥ずかしいけど大好きです」
と陽太からメールが来ていた

そして、私も
「陽太が大好きです」
とメールした

陽太のメールで嬉し涙が溢れた

しかし高校に入ってからはほとんど
「おはよう」「おやすみ」のメールしかなかった
それも、私から送らないと陽太もメールしてこない

陽太の気持ちが分からないよ

あらすじ

ホワイトデーの日に陽太に告白をして付き合うことになったりま

付き合ってすぐはたくさんメールやデートをして幸せだったりまだけど、高校に入って陽太からのメールは全然来なくなった

だから陽太は私のこと好きなのか心配になる

でも、嫌いって言われたらと考えると私のこと好きって聞けないの

ねぇ、陽太はどう思ってるの?

本当の気持ち教えてよ


小説を読む