ケータイ小説 野いちご

愛の暗号

作品番号
1555719

最終更新日
2019/9/7

愛の暗号

暁 櫻/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
15ページ
PV数/180・総文字数/2,644

涙の雨
いつも通りの日常生活
基本的に休日は家で寝てるか本を読んでるだけのダメ人間。
そんなある年の話し
「なぁなぁ今日さ?どっか遊び行かね?」
友達から声をかけられるがそれに対しての返答は難しいことだった
「悪い、今日用事があるから、また今度遊ぼな!」
「なんだよ、つれねーなお前っていつもそうだよな」
俺は、こんなことしか言えずに友達にからは嫌われてばっかだった。
実際遊びたかった、だけど遊ぶにも遊べない事情というものもある…
その日を境に友達からは声をかけられることはなくなってしまった。
「はぁ…俺がこうなったのもしょうがない事だよな」
いつからだろうこのようにため息を吐くようになったのは、自分自身を痛みつけるようになったのは…
「そもそも、俺ってなんでこんなにも病弱なんだよ」
そう、俺は中学生の時に病気が発症していた。
友達にさそわれる時は、だいたい病院がある時だった。
「俺っていつまでこの世にいることが出来るのかなぁ…こんな体もう嫌だ!」
そしてある日自分から

あらすじ

この思いを自分の口から言いたかった
だけどそれを口にするのは勇気がいる…
「何故なんだよ…」
彼女に伝える勇気があればとっくに言っている
どうやって言葉にできるのか考え
やっとのことで思いついたのが暗号だった
この思いを伝えるには暗号しかない…
言葉の暗号という名のメッセージ


小説を読む