ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【短】溶けた氷はただの水に変わるけど…

作品番号
1551181

最終更新日
2019/6/22

【短】溶けた氷はただの水に変わるけど…

来栖璃稀/著 ジャンル/恋愛(純愛)
27ページ
PV数/7,845・総文字数/7,835

はじめは、冷たい華の様に…。
徐々に、柔らかく温度を伴って…。
最後は、静かに息づく熱を宿す…。



私は、貴方を。

心の底から。

愛して止まないと誓う。


止まらない想いの熱。
増えていく想いの質量…。


これだけは、けして違えない決意。


どうか、傍にいさせて?


貴方を…この胸いっぱいに感じさせて。


いくらでも私を捧げていくから。




思い込んだら一直線テレ屋な美人
新島聖月(にいじまみずき)
×
ポーカーフェイスの不思議系わんこ
金城航海(きんじょうわたる)


どれだけ強く一途に想っても、
貴方が振り向いてくれるかどうかは分からない。
だけど…。
不意をついて注がれる優しい視線に、
陽溜まりのような笑顔に、
私の胸は際限なく高鳴っていく。

愛してる。
愛してる。

その言葉はまだ…。
私には少し早いかもしれないけれど。
もう…「好き」だけじゃ足らないの。




小説を読む