ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

囚われの身

作品番号
1546323

最終更新日
2019/7/16

囚われの身

黒崎ましろ/著 ジャンル/恋愛(その他)
78ページ
PV数/9,846・総文字数/84,111

あたしは、囚われの身。

あの日、月が妖しく輝く夜、あなたと出会った。

あなたはあたしを捕らえ、そして離さなかった。


「誰か! 誰か助けて!」


その叫びに誰も答えはしなかった。


「お前を外に出したりしない。ここにいてもらう」

ふざけないで。あたしは玩具じゃない。

あたしは戦う。この悪魔に立ち向かう。

「強がることの何がいけないのよ。強がって強がって……そしてやっと人は強くなれるんだから。あたしは強くなりたい、だから精一杯強がってやる」

だから教えて。

「ねぇ、蓮。どうしてあたしを捕らえたの?」



※この作品は黒澤ましろの名義で書いていた「囚われの身」のリメイク作品になります。ストーリー・結末は異なりますのであらかじめご了承ください。

感想いただけると励みになりますので、ぜひよろしくお願いします。

あらすじ

17歳の少女、優里は夜の街を彷徨う家出少女であった。

ある日の夜、クラブハウスにいた優里の前に現れたのはこの世のものとは思えないほど美しい青年であった。

その青年は優里を捕らえ、離さず、監禁した。

相容れない二人であったが、共に暮らすうちに青年の本性を知る事となる。

これは傷だらけの少女と傷だらけの青年による、切なくて苦しいほどの恋愛物語。


この小説の宣伝エアラブ

小説を読む