ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

どこかで夏が、笑っていた

作品番号
1545545

最終更新日
2019/9/9

どこかで夏が、笑っていた

弓削 あずき/著 ジャンル/恋愛(その他)
33ページ
PV数/2,189・総文字数/10,619



「なぁ、俺、ふられちゃった」

夏。
あの日、あの瞬間から、世界が変わった。


𓆜 𓆝 𓆞 𓆟𓆝𓆟𓆜𓆞


夏は、だいすきだったけれど
いまは、全然すきじゃない


夏を、だいっきらいっていうと、
君が泣くから


すきときらいの狭間で、
あいまいに笑ってる


𓆜 𓆝 𓆞 𓆟𓆝𓆟𓆜𓆞


ひんやりと冷たい
じわりと暑い


そんな夏のお話の詰め合わせです。


2019.8.28 完結


小説を読む