ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

白と黒と嘘吐き

作品番号
1541924

最終更新日
2019/2/6

白と黒と嘘吐き

アオイ優/著 ジャンル/青春・友情
70ページ
PV数/4,379・総文字数/14,801





10年前、この街には繁華街を支配しようとする『Black bird』と自由を求める『White bird』の2つの暴走族が存在した。


そして、抗争によりWhite birdが負け解散した。


そして警察の介入で勝ったはずのBlack birdも解散してしまった。


その抗争は後に『白と黒の大抗争』と言われ伝説となった。


その3年後、Black birdがまた動き出し、White birdの傘下『Liberty』と抗争を起こし、Black birdは潰され解散した。


その抗争は、その街には大ニュースとして扱われ、繁華街は一週間ほど立ち入り禁止となった。


そしてその抗争から7年後、新たな物語が始まる。



━━━━━━━
━━━━━━━━━━



この世界の人々はみんな"嘘つき"だ。


「今までの私は本当の私じゃない」


「俺は、お前らのことを本当の仲間だと思ったことはない」


「俺は本当は族とかどうでもいいんだ…」


「ずっと嘘ついてた、本当は…」


「俺が仕組んだんだ、全部
俺が陥れたんだ」


「本当は知ってたんだ、全部」


「いつも俺は大丈夫な振りをしていたんだよ、ずっと演じてた」


「好きじゃねぇよ、あんな奴」


「俺は、誰かを守るときじゃないと殴りたくないんです」


それぞれの嘘が暴かれる時、仲間を失うのか、それとも本当の仲間になるのか。


「本当の自分に戻りたいっ…」




.☆.。.:.+*:゚+。 .゚・*..☆.。.:*.☆.。.:.+*:゚+。 .゚・*..☆.。.:*




この物語は、以前に書いた『白と黒⑴』『白と黒⑵』の続編のようなものになっています。

少しでも気になった方は『白と黒⑴』から読んで頂けると嬉しいです。

もちろん、この作品だけでも話の内容が分かるような物語になっていますので、次に進んで読んで頂けると嬉しいです。





小説を読む