ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年04月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 放課後
    • 屋上
    • 新学期SP【お題】

    今日からいよいよ新学期‼
    嫌な授業も終わり、ふと屋上へ行った。




    屋上へ行ったのは良いんだけど…



    「なぁ、お前俺の事好きになれよ。」




    ねぇ‼これってどうゆーこと⁉
    私、新学期早々同級生に口説かれてます!



    ドキドキ甘々!?な新学期Life開始!

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    地味な私には授業中に良く回る友達からの手紙なんてこない…

    友達だって数少ないし席も遠い

    今日もいつもと変わらない授業を受けて下校するんだと思っていた


    ポイッ

    あれ?今日は珍しく回ってきた…
    きっと私じゃなくて前の人に渡すんだね

    ポイッ…………ガシッ

    あれ?回そうと思ったのに、私に飛ばした右隣の最近疎遠になっていた幼馴染の蓮が素早く手紙を回収した
    蓮はクラスの人気者で小さい頃はあどけなかった顔も今では爽やかイケメンになっていた

    と、隣の様子をチラッと見ると何か書いてある

    ポイッ……

    また来た、と思ったらリカへと書いてあり私宛とようやく理解した
    開いて見ると…


    好きなんだけど、、、


    手紙にはたったこれだけ記してあった
    それだけなのに私の顔面は真っ赤に染まっていた
    隣を見ると意地悪顔で…でも優しい笑顔を見せてくれる蓮がいた

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • クラス分け
    • 新学期SP【お題】

    今日は新学期。

    新しいクラスが決まる日だ。

    どうか、聖夜と一緒のクラスになれますように。

    靴箱の前に掲示されているクラス表を見る

    1組2組3組と丁寧かつ早く見ていく。

    私の名前が4組にあった。

    でも聖夜の名前がない。

    焦る私は中々名前を見つけ出せない。

    「おっ、またお前と一緒かよ」

    後ろから聞き慣れた声が聞こえた。

    「せっ!せいや!?」

    聖夜は私の頭に頭を乗せてきた。

    密着状態だ。

    心臓の音が止まらない。

    「お前とまた1年間一緒かよ」

    「わっ、私だって嫌だし!」

    心にも思ってないことが口から出てしまった。

    「ほんとは嬉しいくせにに」

    聖夜が意地悪そうに言ってきた。

    「うっ。嬉しいよ!バーーーカ!」

    私は聖夜から逃げるように立ち去った。

    「あんなの、反則だろ」

    私は知らない。

    聖夜が真っ赤な顔で呟いた言葉を。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

指定された小説は現在非公開中です。

トップ

▲