ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

さよならのキスと最後の涙

作品番号
1539262

最終更新日
2019/3/30

さよならのキスと最後の涙

浅葱 美空/著 ジャンル/恋愛(純愛)
26ページ
PV数/4,594・総文字数/11,016

先輩、俺はあなたに出会えてよかった。

あなたを愛することができてよかった。

幸せだった。楽しかった。まるで、夢のようだった。

でも、もうさよならの時間です。

十二時の鐘が鳴ったら、シンデレラは帰っていく。そして、二度と振り返らず戻らない。

「好き」という気持ちだけでは、一緒には生きていられない。

……さよなら、先輩。

あらすじ

宮内天(みやうちてん)と雨宮夕日(あまみやゆうひ)はどこにでもいる普通のカップル。

幸せに過ごしていた二人だが、夕日に留学の話が飛び込んできた。

二人は悩み、気持ちをぶつけ合い、答えを出す。

二人が出した答えはーーー……。


小説を読む