ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

恋の行方   〜 私が選ぶ答え 〜

作品番号
1532180

最終更新日
2020/6/25

恋の行方 〜 私が選ぶ答え 〜

Rukki*/著 ジャンル/恋愛(純愛)
304ページ
PV数/27,737・総文字数/135,615



「絶対、信じさせてやるから!」

「氷菜、好きだ」


幼馴染みで大好きな蓮・・・。







「あんたにならできるよ。きっと」

「…好きな時に連絡して」


君なりの言葉で勇気をくれる男の子…。










私が好きなのは───。










蓮と幼馴染みで“明るさ”と“元気”が取り柄な女の子
佐上 氷菜(さがみ ひな)



氷菜と幼馴染みで高校入学して変わってしまった男の子
神崎 蓮(かんざき れん)



言葉で勇気をくれる誰にでも優しい謎の男の子
○○ ○○
(※ここではまだ内緒です。
本編ではちゃんと名前はあります!)







私が、選ぶ答えは───。








この恋の行方は一体どうなるの…?










※初めて書きました!!

あまり期待せずに読んでくれれば嬉しいです!※








公開start→2019.5.1



あらすじ

氷菜と蓮は同じ高校に通う幼馴染み。
幼い頃から蓮のことを想っている氷菜だったが高校に入学してすぐに変わってしまった蓮を見てうんざりしていた。
そんなある日、あの展望台で名前も素性も明かさない謎の男の子に出会う。
氷菜は彼と過ごしていく内にその男の子に恋をしていた。
でも、蓮への気持ちが完全に無くなったわけじゃない。

一体、氷菜が好きなのはどっちなのか──。


この小説の宣伝エアラブ

小説を読む