ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

暴君先輩は、ときどき甘々。

作品番号
1528597

最終更新日
2018/10/22

暴君先輩は、ときどき甘々。

来條こころ/著 ジャンル/恋愛(学園)
42ページ
PV数/117,977・総文字数/11,884

高校に入学して初めての文化祭。

あたしは
その実行委員に立候補したんだけど――。


「お前はバカかっ!」

「いったいお前の耳は、どこについてるんだよっ!」


文化祭実行委員長は……
暴君先輩でした。



だけど――。


「ちゃんとお前は、
実行委員の中では1番頑張ってるよ」

「絶対に、俺のそばから離れんなよ」


いつの間にか、
顔色一つ返ることなく、
甘い言葉を言う先輩のトリコになっていった――。



Start : 2018.10.12
E n d : 2018.10.22


2019.05.07
*野いちごオススメ掲載*

あらすじ

学校行事が大好きな高校1年生の柚【ゆず】は文化祭実行委員に立候補したが、彼女は文化祭実行委員長の天野先輩にいつも罵倒されてばかり。
だけど、時に優しい言葉をかけてくれたり、クールな表情で大胆な行動をする先輩に、柚は次第に惹かれていく。
おてんば少女×暴君先輩の笑いあり、胸キュンありの文化祭ラブコメディー。


小説を読む