ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

モーニング・ステーション

作品番号
1528060

最終更新日
2020/2/14

モーニング・ステーション

大雅 ゆかり/著 ジャンル/その他
8ページ
PV数/184

駅を行き交う人々。
彼らは何処から来て、何処へ行くんだろう。

忙しくてちょっぴり理不尽な毎日を送っている私たち。

世の不条理や理不尽さへの疑問を抱えならがらも、
不意に飛び込んでくる幸せを心に温めて生きていて…

眠る前のひと時、
ベットの中で考える。

明日の朝はどんな朝だろう?

私はどこで目覚めるんだろう?

…私は誰なんだろう?

これは夢の中なのだろうか…
それとも…

ようこそ、モーニング・ステーションへ!
電車の行き先は、明日の朝!

あらすじ

同じ朝を過ごしていても、昇る朝日が持つ意味は人によって大きく違っていて。当たり前なんだけど、まるで人によって別の世界が広がっているみたいで不思議。私達はそんな世界を生きている。

主人公は不特定多数。男だったり女だったり。それ以外だったり。
誰かに訪れた朝を描いた短編集です。
それはあなたの未来の朝かもしれない。


小説を読む