ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

神様が飛んだ日

作品番号
1526892

最終更新日
2018/10/30

神様が飛んだ日

森モト/著 ジャンル/恋愛(その他)
11ページ
PV数/601・総文字数/26,052


2018.10.19
「神様の杭」
「杭が眠る夜(小休止)」
______________



彼女は神様。

彼は、



※しにたいとかころしたいとか多用してます。表現の一種です。推奨することもなければ、人に言っていい言葉だとも思っていません。その点よく踏まえてご覧になってくだされば幸いです。

あらすじ

春野は、親の入っていた新興宗教の神様に据えられた。
神様はお水とお塩、おにぎりしか口にすることしかできない。

毎日死にたいって考えている。
なんで死なないんだろって考えている。

そんなある日、春野だけの庭に、美しい曇り空の男が入り込んできた。


それから神様は。お水とお塩、味のしないおにぎりと、美しい彼がこっそり持ってきてくれる飴玉を食べる。


小説を読む