ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

もしも願いが叶うなら、また君に逢いたい。

作品番号
1526027

最終更新日
2018/12/30

もしも願いが叶うなら、また君に逢いたい。

如月 いちは/著 ジャンル/恋愛(純愛)
244ページ
PV数/67,006


「颯良、約束だよ!いつもの公園で待ち合わせね!」



私と颯良は物心ついた頃から仲のいい幼なじみ。

一緒に過ごす時間は本当に楽しくて、幸せだった。



「ほら心陽、おいで?」



久しぶりに会った颯良は、とてもかっこよくなっていた。

優しくて、でもちょっぴり意地悪で……
とっても甘い。



「ねぇ、颯良。これからもずっと一緒だよね?」

「俺はずっと心陽のそばにいるよ」



あぁ、どうしようもなく私は颯良のことが大好きだ。


いまにも溢れ出してしまいそうで、"好き"の気持ちが止まらない。



「好きだよ、心陽」



ねぇ、颯良?


いつになったら、そう私に言ってくれますか?







もしも1週間だけ、願いが叶うなら……

『また、キミに逢いたい』





あらすじ

まだ幼かった頃、ある日を境に突然姿を消した幼なじみ。もう一度、たった一度でいいから幼なじみに会いたい心陽は叶うわけがないと思いながらも、友達から聞いたおまじないを試してみることにした。すると次の日ずっと会いたかった颯良が現れて……!?おまじないに隠されたある"秘密"とは……?


小説を読む