ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

悲しみの海から救ってくれたあなたへ

作品番号
1518914

最終更新日
2018/8/31

悲しみの海から救ってくれたあなたへ

春川 唯/著 ジャンル/恋愛(学園)
5ページ
PV数/16・総文字数/2,090

Q,あなたは「生きる」ことをどう思っていますか。

「先生、模範解答はありますか?」
「君だけの答え、俺だけの答えがあるよ。それだけ模範解答もある」

「先生、生命ってなんであるんですか?」
「生きているから命があるんだよね」
「俺は、死ぬことがなければ、自分や他人を傷つけることを恐れなくなるからだと思う」

「先生、私がいなくても世界は回るんですか?」
「回るだろうね。でもいまいち回転が足りなくなるかもしれないね」

「先生、私はこの先どうやって生きていけばいいんですか?」
「困ったら俺とか、周りを頼っていいんだから。一人で抱えなくていいから」
「バカにする大人だっているよ。でも少なくとも俺は絶対に君の考えを笑うことはしない」

A,私は生きることを────。


小説を読む