ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

僕らを繋いでくれたのは君の架けた虹でした。

作品番号
1515981

最終更新日
2019/1/10

僕らを繋いでくれたのは君の架けた虹でした。

蒼月 愛帆*/著 ジャンル/その他
105ページ
PV数/17,700・総文字数/37,256




久しぶりの太陽。

久しぶりの…日本。

私は9年いたアメリカから帰ってきた。


…で、転入先の高校に挨拶に来たんだけど。

全てを終わりにしようとしてる男子生徒がいた。



❁⃘़︎•・・͓┈̊︎˳・̥̤˳┈̊︎・͓・•❁⃘़︎

一生懸命な女の子
桐生 愛虹 Aina.K

×

生きることを諦めてる男の子
藍沢 虹志 Koushi.A


❁⃘़︎•・・͓┈̊︎˳・̥̤˳┈̊︎・͓・•❁⃘़︎



「…君は生きなよ。」


私は、誰かに生かされてるの。

だから命は諦めることできない。

だけど君の命も諦めたくないよ。

生きることが辛くなった時は、

空を見上げて笑おう。


きっと、虹が架かってくれるはずだから。











2018.7.26〜




小説を読む