ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

忘れられた色

作品番号
1506389

最終更新日
2018/5/28

忘れられた色

天月 雫/著 ジャンル/恋愛(純愛)
1ページ
PV数/0・総文字数/1

私の世界は真っ白だった。
けれど君は一瞬にして
世界を鮮やかに彩った。

毎日が知らない世界にいるみたいで、
ワクワクしてドキドキして
本当にそれは幸せなことだった。
けれど幸せはいつか終わりが来る。

もし君ともう一度だけでいいから話せるなら
聞きたいことがあるんだ。
私は君のことを幸せにできたかな。


小説を読む