ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

はなのつかい

作品番号
1498465

最終更新日
2018/4/8

はなのつかい

小桜ひよこ/著 ジャンル/恋愛(学園)
1ページ
PV数/1・総文字数/438

-ある日突然、私の目の前は黒一色に染まった。

どうして...?

どうして私だけがこんな目にあうの?


泣きながら走る帰り道。

黒い影は血走った目を私に向けて、腕を振り上げる。



よく見たら、その腕には短いナイフが握られていた。


スッ...と私の目の前を横切ったのは

黒い影


ではなく、白い影。


白く長い髪をなびかせ、私の事をお姫様抱っこして、
その子は宙に...浮いてる!?

「あなたは...誰なの?」

その女の子は赤く綺麗な瞳をパチパチと瞬かせ、
私を見る。


「私はあなたの」



その少女はゆっくりと口を開き、ニコッと微笑む。



「トモダチ」





トモダチ、という人は私を抱えたまま宙へ飛び、
月へと向かっていった。







...この物語は私と不思議な女の子達の

不思議なハナシ。









*○*○*○*○*○*○*○*○*○*○*○*



はなのつかいを見てくださってありがとうございます!

この作品は不定期ですが、
出来るだけ更新していこうと思います。

初投稿で至らない部分もありますが、
見ていただけると嬉しいです(^-^)






小桜ひよこ














小説を読む