ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君がそばにいてくれた

琴織ゆき/著

作品番号/1497306
ジャンル/恋愛(その他)
PV数/114,183
総文字数/91,813
最終更新日/2018/7/22
[265ページ (完)]


はっきり覚えていないのに
どうしても忘れられない人がいる

それなのに、どうして

君と重ねてしまうんだろう……?



瑞城花鈴 ~Mizuki Karin~

×

蒼葉颯斗 ~Aoba Hayato~



君はいつもなにか隠していた

だから、私じゃダメなんだって思ってた



「花鈴、どうした?」

「ひとりで悩むな、俺がいる」



〝君に近づきたい〟

そう思えば思うほど、
離れていくような気がして……



「あいつは良い奴だよ」

「お前には幸せになって欲しいから」



ねぇ、君はいったい何者なの?

どうして私の前に現れたの?


こんな気持ちにしておいて、

勝手にどこか行っちゃうなんて

そんなのずるいよ……────



「花鈴」



だって私は、こんなにも、



「こい」



……君が好きなのに。


小説を読む