ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

花の咲く頃、散る頃に。

作品番号
1496698

最終更新日
2019/4/8

花の咲く頃、散る頃に。

有世けい/著 ジャンル/恋愛(純愛)
19ページ
PV数/4,978・総文字数/13,651






花咲いて、散っていくその刹那に、人はそれぞれ何かを重ねる。





『わたしの初桜は、先生でした。』

望みのない片恋。





『願わくば、
 彼女との出会いは ”刹那” ではありませんように―――――――――――』

芽吹きかけの恋心。





『あなたが葉桜なら、オレは満開の桜なんか目もくれないのに・・・・・・』

諦めきれない恋着。







いくつかの痛みを知って、

また、それぞれに花咲く日を迎える―――――――――――――――――












一話目の【 初桜 】は、以前短編として公開させていただいたものです。











小説を読む