ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

一塁ベンチから君を思う

作品番号
1483485

最終更新日
2018/8/28

一塁ベンチから君を思う

gypsophila/著 ジャンル/恋愛(純愛)
2ページ
PV数/38・総文字数/344

この場所は戦う君の姿が
1番見えるんだ。
この場所から私は君を思うよ。






3年最後の夏 甲子園一塁ベンチ
ここが私の居場所だと思えるから
ずっとずっとこの場所から。


小説を読む