ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

クリスマスの日に、ツリーを見上げて

作品番号
1475087

最終更新日
2017/12/17

クリスマスの日に、ツリーを見上げて

kion/著 ジャンル/恋愛(純愛)
11ページ
PV数/817・総文字数/4,818

12月。


私はこの季節が大好き。


イルミネーションがキラキラして、心も明るくなる気がするから。



クリスマス。


恋人たちがツリーを見上げて愛を確かめ合う行事。


キリストが何とかってのは、もう関係なくなってる。



私は今まで恋人なんていたことなかったけど、ツリーを見るのは好きだった。


街中にあるツリーを一人で見るのは、少し寂しいけど。



.




偶然知り合った男の人。


彼は優しくて、面白くて、可愛くて、温かくて。




.



いつの間にかあのサンタさんは、プレゼントをくれる代わりに私の心を奪っていたのかもしれない。



小説を読む