ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

真夜中の桜のもとで、僕は僕を忘れた。

作品番号
1471513

最終更新日
2017/11/27

真夜中の桜のもとで、僕は僕を忘れた。

rinoogawa/著 ジャンル/恋愛(実話)
1ページ
PV数/21・総文字数/1,488

初めまして。小川りのです。
ご観覧有難うございます!
初めての作品になります。多分長編になると思いますが、更新頑張りますので宜しくお願い致します(´ω`)





「真夜中の桜のもとで、僕は僕を忘れる。」



あなたが居てくれたから、私は頑張れた。
お前が居てくれたから、俺は全てを犠牲した。


周りを不幸にしてまで選んだ純愛。
苦しいほどに愛してた。
切ないほどに、甘くて苦いラブストーリー。


小説を読む