ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

どうにも痛いほど。

作品番号
1467924

最終更新日
2017/11/6

どうにも痛いほど。

小林奏海/著 ジャンル/青春・友情
2ページ
PV数/4・総文字数/190

尖ってたあの日々と、輝いてた君と。





悔しいくらい眩しい。






それでも。



信じたいと思わせてくれた君と、



信じるために1歩踏み出せた自分に、





少しずつ感謝を返して、










今度は誰を助けてあげようかと考えるこんな日々も、実は嫌いじゃなかったりする。















-------❁ ❁ ❁-------

最初から意味不明ですみません…(⑉• •⑉)
簡単に言うと、『拾い家』で活動していく主人公さんと仲間のお話です。




そしてはじめまして、小林奏海です。
これからよろしくお願いします!



小説を読む