ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

午後3時、きみと夢のなか

作品番号
1465481

最終更新日
2017/12/31

午後3時、きみと夢のなか

MEME./著 ジャンル/恋愛(純愛)
71ページ
PV数/8,889・総文字数/41,599

夢のなかにいるせんぱいに
わたしはいつも問いかける


「ねぇ、せんぱい。何の夢みてる?」






きまった曜日 きまった時間
せんぱいと、ひとつ屋根の下

その時間が、とても愛しくて

わたしだけの、宝物だった






だけど、せんぱいは
いつも夢の中のだれかを見てる



「…ねぇ、せんぱい」



わたしは

どこか遠くを見ているあなたに

近づくことは、できますか



・・・・・・・・・・☆・・
ねぇ、この恋はにがいの
でも、せんぱいの言葉が
甘さを与えてくれるから
・・☆・・・・・・・・・・


( わたしだって、本気なんです )



頑張るから、覚悟しててね
せんぱい


2017/10/23〜


【ひとつ屋根の下 企画作品】


小説を読む