ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

都会人の付き合い方

作品番号
1464478

最終更新日
2018/3/27

都会人の付き合い方

RN/仙道輝砂/著 ジャンル/恋愛(純愛)
16ページ
PV数/76・総文字数/10,530

「麻那美のこと…お願いね」
家族を失い、心の支えを無くしたお隣りさんで幼馴染の瀬川麻那美の、新しい心の支えになること。

幼い頃の俺、高永一悟は、今は亡き麻那美の母さんが言ったこの言葉に込められた意味を知らずに「うん」と答えた。

それからの日々は、太陽が俺達の住む小さな田舎町に陽の光を配る間、麻那美はいつも隣にいる。
学校生活の移動教室の時も。
夕陽が背中を照らす帰り道も。

それは言いつけを守る為。

それなのに…俺は馬鹿だった。

麻那美の母さんの「言いつけ」を己の心も身体も行動も縛り付ける「鎖」と思い込み疑わず…。

あの日、あの時…「言いつけ」を破ってしまうだなんて。

繰り返す後悔の中、俺は一体何処へ行けばいいんだろう。
考える為目を瞑ると…。

瞼の裏に麻那美の顔が浮かぶ。
今はもう隣にはいないのに。
俺を許す筈ないのに。
何でか…笑っている。


小説を読む