ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

緑の雨

作品番号
1464142

最終更新日
2017/10/17

緑の雨

緑 雪子/著 ジャンル/その他
0ページ
PV数/0・総文字数/0

秋も深まってきた10月中旬。

あさみは元々植物が好きで、今まで沢山の薔薇の花を咲かせてきた。

あさみにとって、薔薇は特別な存在だ。
彼女の最も愛してやまない作家、中井英夫の作品類の多くに薔薇が登場してくるし、中井英夫本人も家や別荘に薔薇園を持っていた。

しかし、薔薇は室内では育てられない。
今、大切な人が私の元を離れていき、心がカサカサに乾いているあさみは、室内で育てられ、いつでも緑が目にはいる多肉植物に凝っている。

それに、緑を育てるのにはヒーリング効果があると聞き、多肉を育てるのにせいを出している。

多肉植物を鉢に植える時、どういうふうにレイアウトしていいのか考えている時、多肉のふっくら柔らかな感触を手に感じる時、心は無心になり、目の前は優しい緑でいっぱいになる。

彼がいなくなった人生。
毎日涙がこぼれ落ちる。

これからは、緑と一緒に生きていこう。
緑が恋人。それでいい。
いや、恋人というよりあさみの心に潤いを注いでくれる緑。
今は、それでいい。
それがいい。


小説を読む

NEW!!