ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

優しさは灰色

作品番号
1456580

最終更新日
2017/10/1

優しさは灰色

ひい。/著 ジャンル/恋愛(学園)
12ページ
PV数/1,360・総文字数/9,295





消しゴムに好きな人の名前を刻んで、
なんて馬鹿みたいなおまじない
そう思いながらも、私は、名前を刻んだ。

気づかれないようにはしない
どうか気づいて、意識して、

これはどうしようもない、恋の手口。





優しさは灰色

( 私の、醜く汚れていく、恋心 )





*表紙作成…20170907
*執筆開始…20170908
*執筆終了…20170911
*表紙公開…20170912
*更新開始…20170920
*更新終了…20170929


肉をえぐるように
削れた消しゴムは
床に、落ちた。



小説を読む