ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

1095+1【上】加筆修正しながら連載中

作品番号
1453138

最終更新日
2017/10/21

1095+1【上】加筆修正しながら連載中

井上まりか/著 ジャンル/恋愛(純愛)
108ページ
PV数/602・総文字数/60,928

「1095+1。」

私は突然発せられた言葉の

意味がわからなくて隣にいる彼を見た。

でも、彼は目の前の海を見ていて。

「1096?」

私が答えると

「バカ。」

そう言って私の頭をグシャグシャと撫でた。

「バンドの名前だよ。」

「ああ、バンドの。」

その言葉で納得した。

彼は来年、東京でメジャーデビューする。

「でも、なんでその名前なの?」

私がそう問いかけると彼は

少し困ったような表情を浮かべて

「んー、内緒。」

と言った。

「えー、ケチ。というか、+1足しちゃって良いじゃん!」

「良くないよ。」

「なんで?」

「大切な数字だから。」

「ふーん。」

このとき、私は何も知らなかった。

「まぁ、いいバンド名じゃない?」

この時、彼はどんな表情を見せたっけ?


小説を読む