ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

夜の太陽~女嫌いの先生と~

作品番号
1449488

最終更新日
2017/8/7

夜の太陽~女嫌いの先生と~

切那つき/著 ジャンル/恋愛(その他)
3ページ
PV数/65・総文字数/1,152

両親を失い、
途方に暮れていた私が始めた仕事は、
女嫌いの小説家ー瀬賀偉月の家に
住み込みで働く家政婦でした。


「…陽聡ちゃん、いい仕事があるんだけど」

事の始まりは、
従兄弟であり先生の担当編集である
花井佑宇(佑にい)の一言。

「基本的な家事?ついでに女嫌いの改善??」

仕事は簡単、
給料もそこそこ良い…
やる気満々で始めたけれど…

「俺に近づくな、話しかけるな、帰れ」

人気小説家の正体、
女嫌いで無愛想でわがまま。

…この人、うざい。

イライラしつつ楽しみつつ
闘争心を燃やす私と、
私を避けながらも追い出そうと策を練る
先生との攻防戦が今、始まりました。


小説を読む