ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君が消えるまで僕は君を思い続ける

作品番号
1443307

最終更新日
2017/7/11

君が消えるまで僕は君を思い続ける

R.white/著 ジャンル/恋愛(純愛)
2ページ
PV数/55・総文字数/391

僕は知らなかった.
君の笑顔に隠れた抱えるには重すぎる黒いものを__.
当たり前に隣にいると思っていた.

なんで君は僕を頼ってくれなかったんだろう?
僕では頼りなかった?
僕をおもってくれていたから?

それでも頼ってほしかった.
君の抱えていたものの1つや2つくらい分けてほしかった.



小説を読む