ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

桜色の涙

作品番号
1436845

最終更新日
2019/2/16

桜色の涙

ちこ♪/著 ジャンル/恋愛(純愛)
374ページ
PV数/32,402・総文字数/129,710


「大丈夫」


だなんて、なんて儚い言葉だろう。


今も君は俺のために。


苦しい気持ちを押し殺して
泣いているというのに。



ねぇ、この出会いは間違いだったかな。


恋なんてしなければ良かったかな。



後悔しても、泣いても、
明日は必ずやってくる。


また立ち上がることができれば
きっと笑えるから。


だから君も、最後に笑顔を見せてよ。



愛して、愛されて、それでも繋がらない心。


この恋の形は歪だった。


でも、誰もが懸命に恋をして、
不器用に今を走り続けていた。



これは、絶対に忘れられない、
俺の桜色の思い出。


小説を読む