ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

170回、好きだと言ったら。

作品番号
1432973

最終更新日
2017/11/27

170回、好きだと言ったら。

ニャントラ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
284ページ
PV数/2,257,298・総文字数/102,635



電話をかけて3コール、

眠たそうな声で君が言う。


「…実衣、キライ」


朝、彼を起こしに行けば、


「実衣、あっち行け。キライ」


学校に行って君から離れようとすれば―、


「………実衣、キライ。離れんな」


“テルくん、テルくん”

冷たくても、

あたしの事をキライだと言っても、

“あたしはテルくんが、”


「…俺の事、キライって言えよ。
そしたらキスしてやっから」


*._____.*

◎暴走族の頭
清水 照道
《Shimizu Terumichi》

-不器用なのにキスは上手-

×

◎お兄ちゃん子
沖宮 実衣
《Okimiya Mii》

-強がりな泣き虫-

*._____.*


Start▸▸▸2017/05/20
End▸▸▸2017/07/18


小説を読む