ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

制服のままで、キス。

作品番号
1421834

最終更新日
2017/4/29

制服のままで、キス。

せら猫✲゚/著 ジャンル/恋愛(学園)
240ページ
PV数/304,228

先生に恋をした。



幼なじみが


恋を教えてくれた。














恋を知るなんて、わたしは


思っていなかった。


だってわたしには恋なんて。


程遠いものと決めていたから。




「てめぇ、好きっていうまで


キスやめねぇよ」





「…先生の、意地悪!」




「…顔、踏んだのお前だろ?」




「…ふ、踏んでないもん!」




「…長谷川、今日から

俺に絶対服従だ」



それは、必ずキスをする。

誰もいない場所で。


先生と秘密のキスを。















「明愛(めい)のこと、好きだ」



もう、恋なんて。


したくない。


惑わされて迷うだけだ。



恋をしない。神に誓います。





「キス、長谷川から

しろ」



「む、無理です…!」



初めて、会ったはずなのに


先生とは


昔からそばにいるみたいで。


先生のキスから、逃げられないんて


やだよ…!




*。♡



先生の秘密。


わたし、



知りたい。



先生のキスで。



\制服のままで、キス/



♡甘さ90パーセント×ほろ苦さ10パーセント♡



















小説を読む