ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

青い魚のお武士さん

作品番号
1421606

最終更新日
2017/4/8

青い魚のお武士さん

tamae/著 ジャンル/歴史・時代
0ページ
PV数/25・総文字数/0

いつか、誰かが言ってた。


人生というのは、川の流れと同じだ、と。
人間は川のゴールを目指す魚になるのだ。
そして魚は
ある2パターンの性質に別れるという。

一つ目は
ただ流れに身をまかせ泳ぐだけの者。
行き先も分からずに
面倒事を上手く避けながら進む。


二つ目は
わざと波に抗う者。
自分の立ち位置に満足しないで、
目標の為に大きく身体をばたつかせて泳ぐ。
それが危険な事だとわかっていても。


多勢に無勢。
きっと、皆が口を開いてはこう言うだろう。



「私は平凡に過ごしていたい」


殆どの人間が前者を選択し、
自分には不利のない人生を泳ぐ。


高木咲は

その中の何物でもない。


彼女は泳げない魚であった。












*****

読者の方へ


すみません、書き直します・・・
読者登録してくださった、皆様。
せっかく読んで頂いて、めちゃくちゃうれしいのですが。自分で改めて読んでみて、全てが駄目な事に気がつきました。
設定し直して、また一から書こうと思います。
ご迷惑をお掛けいたして、本当に申し訳ありませんでした。


tamae


小説を読む