ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ホームレスマン

作品番号
1411541

最終更新日
2017/2/24

ホームレスマン

有璃香/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
0ページ
PV数/0・総文字数/0

「まぶたを閉じると想い出す、遠い昔..幼き出来事、あんな事、こんな事あったなぁ~」

健三じいさんは夜の繁華街を歩いていました。人はまばら。

「おっ!健三じいさん!今日は1人かい?」

「いつも1人じゃよ。」

「まぁ、まぁ怒らないで怒らないで、寿命が縮むよ。」

「もう充分に長生きじゃ。」

健三じいさんは少しふくれていました。

「温かいラーメンでもどう?あの並びに新しいラーメン屋ができたよ。」

そのラーメン屋さんの辺りだけが異常に明るく見えました。

「ありがとう、行きたい所があるんじゃよ。」

「あっ!又、教会に行くんだね。熱心な信者だねぇ、感心するよ。」

「最近、妙に行きたくてね、もう寿命が来てるん..」

「何をおっしゃってる!じいさんは、まだまだこれからだよ~、みんな応援..」

「えっ?」

「あっ!いやぁ、いや、まだまだ若いではありませんか!」

「そうかい?」

健三じいさんは下を向いて照れて頭をかいてしまいました。

「だんだん遅くなってくるから、そろそろこの辺で。」

その場を去り、近くの教会へ向かいました。ふと思いました。

「あれ?!わしに話かけた、あの青年はいったい誰じゃ?初めて会ったのに..」

夜の繁華街は更けて行きました。


小説を読む