ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

キミを失うくらいなら、キミを殺してしまいたい。

作品番号
1405485

最終更新日
2017/2/18

キミを失うくらいなら、キミを殺してしまいたい。

高木 レイ/著 ジャンル/恋愛(その他)
3ページ
PV数/657・総文字数/2,129


「……今話してた男、誰だ」



彼は、狂ってしまった

私を愛したあの日から

……彼は、



「お前はもう二度とこの部屋から出るな」



もうきっと二度と

あの日の彼に会うことはできない



「お前は一生死ぬまで、
ここで俺だけの帰りを待って、
俺だけを愛して、
俺の愛だけを感じていればいい。

……それ以外の行動を許さない」



なんで、こうなってしまったの?

私は……



「なんで逃げようとするんだ」


私は……




「……逃がすくらいなら、

いっそ殺してやるよ」



—————————————————


究極の病み彼に死ぬまで愛されるお話。


あなたは彼の愛を受け止めることができますか?



この小説の宣伝エアラブ

小説を読む