ケータイ小説 野いちご

私と幽霊さんたち

作品番号
1401148

最終更新日
2017/1/19

私と幽霊さんたち

レッキス/著 ジャンル/恋愛(その他)
0ページ
PV数/0・総文字数/0

高校1年生のとき声が出なくなった。
原因は覚えてないし、教えてくれない。





あの日、あなた達から教えてもらうなんて思ってもみなかった。






私の声は……。



彼が……。





本当に?信じたくない。嫌だよ…。










突然現れたあなた達は幽霊でした。



短気で料理が上手い"蓮"


ほんわかした雰囲気で優しい声の"春"


突然真実を知らせに来た"空"




3人とも私の大切な友達……。





それなのに…。





「あなたが私を……。」










『それでも君が好きだ』



なんて…。



あなたと私は幽霊と人間…。





あなたの罪を許しても……。








一緒にはいれない………。


小説を読む