ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ほんとはずっと、君が好き。
書籍化作品

作品番号
1395529

最終更新日
2018/6/12

ほんとはずっと、君が好き。

善生茉由佳/著 ジャンル/恋愛(学園)
229ページ
PV数/4,774,990・総文字数/178,893




「みっちゃん、大好き! 付き合って!」

「それは、ヒナがもう少し大人になったらね?」


毎日本気で告白してるのに、
子供扱いで全く相手にしてくれない。




「また流されたぁ――って、
蛍くん、無言で教室から引きずり出さないでっ」

「……はぁ」


深いため息を吐いて呆れ顔。
常に真顔で、私を叱ってばかりの男の子。



そんな私達3人は、ずっと仲良しの幼馴染み。

アーケード街でお店を開いていて、

それぞれの店舗が隣同士に並んでいる。


。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。


「私は本気で好きなのにぃ……っ」

実家は、駄菓子屋。

ちょっと抜けてて、おバカな私、小野田雛子。




「ヒナは本当の意味で俺に『恋』してるわけじゃないよ」

実家は、ケーキ屋。

女の子みんなに優しいフェミニン男子、上原光希。



「……本当の『恋』なら、とっくにしてる」

実家は、和菓子屋。

面倒見のいいクール男子、緒方蛍。


。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。




みっちゃんと蛍くん。

正反対な性格のふたりの間で揺れながら、

今日も私は「彼」に片想いしています。





+゜

\♥/{Who do you like?





更新開始日 17/03/01
更新終了日 17/05/08
改行修正日 17/11/20


【文庫限定】の書き下ろし小説では蛍SIDEの番外編を収録しております。


■本作は「君に好きって言いたいけれど。」とお話が繋がっています。
そちらの文庫版にもヒナ達が登場する番外編を書き下ろしています。


(1冊だけでも、どちらから読んでも大丈夫なように編集していますが、
両方読んで下さった方に楽しんでいただけるよう内容をリンクさせています)



好評発売中

あらすじを見る
高1の雛子は、イケメンで成績優秀、クールだけど面倒見がいい蛍と、チャラいけど優しい光希と幼なじみ。雛子は幼いころから光希が大好き。でも「本当の意味で俺に恋してるわけじゃないよ」と言う。そんな光希の態度に雛子は傷つくが、蛍はいつも勉強を教えたり、見えないところでフォローしたり、不器用だけど優しい。雛子は自分の本当の気持ちに気づきはじめるけど…?

小説を読む