ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【短】結局は、そのフキゲンな唇に誤魔化されて。

柊乃/著)

作品番号/1392134
ジャンル/恋愛(学園)
PV数/288,127
総文字数/13,718
最終更新日/2017/3/6
[36ページ (完)]



タバコの匂いと、ガラスの花瓶。


ちぐはぐな空間で


キミに優しく傷つけられた。




「……痛っ」




ゆっくりと、おかしくなる。


壊れていく。





「俺に黙って、何やってんだよ」





掴まれてるわけじゃないけれど


キミはこの手を離してくれない。




2017.01.22 公開



野々原 苺さま
♯のん さま

素敵すぎるレビュー
ありがとうございます!!


小説を読む