ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

カオハギ

作品番号
1379624

最終更新日
2016/12/21

カオハギ

神谷信二/著 ジャンル/ホラー・オカルト
332ページ
PV数/950,994・総文字数/139,354


ーーーー私立霧島学園。

この学園には生徒専用のSNSツール【霧島ダイアリー】が存在する。

11月11日11:11。

1が並んだその日、霧島ダイアリーの掲示板に書き込まれた殺害予告は全校生徒を恐怖に陥れる。

書き込まれた内容よりも、書き込みをした人間の名前を見て生徒は震え上がった。


何故なら、それが二年前に虐めを苦に自殺した西野智樹によるものだったからだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
北山翔、お前は火で炙り顔を剥ぐ。

南野譲二、お前は水に沈めて顔を剥ぐ。

西山隆介、お前は土に埋めて顔を剥ぐ。

東森彰彦、お前は身体を縮めて顔を剥ぐ。

風間潤、お前は首を締めて顔を剥ぐ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学園内にファン倶楽部まで存在する目鼻立ちの整った男子生徒五名にだけ向けられた殺害予告。

恨みや憎しみが渦巻く復讐の惨劇が、今始まる。


【野いちご大賞応募作品】


小説を読む