ケータイ小説 野いちご

キャンバス

作品番号
137652

最終更新日
2008/9/3

キャンバス

福山ナオ/著 ジャンル/恋愛(その他)
1ページ
PV数/11・総文字数/219

こんなはずじゃなかった。
和也と二人でキャンバスを歩けるはずだった。
「好きな子ができたから、ごめん」
二年間、毎日一緒だったのに。
「私、別れない」
「もう、ムリなんだ」
地下鉄のアナウンスが、大学の駅を知らせる。
こんな場所でこんな風に告げられるなんて。
「じゃ、行くね」
うそでしょう?
それだけ?!
足がすくんで動けなかった。


小説を読む