ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

あの非常階段をのぼったら、君に好きだと伝えよう。

作品番号
1372581

最終更新日
2016/12/14

あの非常階段をのぼったら、君に好きだと伝えよう。

ぐみりん/著 ジャンル/恋愛(その他)
8ページ
PV数/84・総文字数/1,632

“ 高2の夏 ”
あの時間はきっと忘れることはない


きみと過ごしたあの時間は


この世で一番幸せだった



「ねぇ、転校生?」



「なんでっ………どうしてなのっ!?」







「海月が笑ってくれることが、俺の幸せだよ」


「ごめん、また悲しませて……」






◌⑅◌┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈◌⑅◌

人間不信になってしまった少女

瀧本海月(タキモトミズキ)

×

非常階段に現れた不思議な少年

謙人(ケント)

◌⑅◌┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈◌⑅◌




さぁ、時空を越えた“ 恋 ”をはじめよう。




初小説です✡゛
誤字、脱字をお許しください。


小説を読む