ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

珠利と真実―約束の恋の音色―

作品番号
136899

最終更新日
2012/6/12

珠利と真実―約束の恋の音色―

川嶋ぼたん/著 ジャンル/恋愛(その他)
37ページ
PV数/4,483・総文字数/28,167

『この場所では
しばらくの間
携帯の電源をオフに
してください』

約束の恋のピアノの音が
流れる部屋では…。


ピアニスト・真実は
恋人・珠利に
約束のメロディを
聴かせた

珠利が真実にお願いした
約束はお互い他の人の肌には
ふれないで、私だけに
「愛してる」と言って…。

浮気は生涯しない真実
だったが、その約束も
いつしか遠くへ
消えてゆくのだった。



◆今回は
「小さな涼夏の空からの出逢い」
に出できた珠利と真実が
今回主役ですO(≧∇≦)o
大きくなった二人は
子供のころ
鹿児島の指宿(いぶすき)で
交わした言葉が
その通りになりました(笑)

※やや性的な表現あり


※お知らせ

※「小さな涼夏の空からの出逢い」
ですが現在、非公開に
しています。

加筆、修正などを
して新たにまた公開する
予定にしています。


小説を読む