ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

もしもわたしがプリキュアの友達だったら

作品番号
1368731

最終更新日
2017/1/29

もしもわたしがプリキュアの友達だったら

秋元こまち/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
6ページ
PV数/144・総文字数/3,682

プリキュアであると正体を明かした6人の少女達。
そして強くプリキュアに憧れを持ったわたしは彼女達のいるサンクルミエール学園に無事入学した。
それからの出来事である。


小説を読む