ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

きみは檸檬の香りがした。

作品番号
1360859

最終更新日
2016/8/22

きみは檸檬の香りがした。

たたと/著 ジャンル/恋愛(純愛)
1ページ
PV数/6・総文字数/304

溢れるように出てくる都会の風に息を詰まらせていた。


グレーに香る人付き合いに、青い海の懐かしさに目眩がして。


遠巻きに見える緑を揺れながら見ていた。



「帰ってこいよ」



「待ってるから」



そんな言葉なんていらなかった。



私は、きっと



帰ってきたくなかったんだから。



小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)