ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

アクアリウムで魅せて

作品番号
1316041

最終更新日
2017/12/17

アクアリウムで魅せて

★sakuya☆/著 ジャンル/恋愛(その他)
21ページ
PV数/3,138・総文字数/10,635

--でもまたきっと許してしまうの--


「これで三度目。もう浮気はしないと約束して」

本当はもう潮時なんだと分かっていた


『彼の本命は私だから』


自分を騙して嘘をついて
私は自分の首を幼稚なプライドで締め付けていただけ


「いっそお姉さんからフッてやんなよ」


窒息寸前な私を救ってくれたのは、今日会ったばかりの名前も知らない人でした



「そいつが後悔するくらい良い女になって、見下してやったらいい」

不敵な笑み
自信たっぷりなその言葉に泳がされて


ひら ひら

踊る




---アクアリウムで魅せて


小説を読む