ケータイ小説 野いちご

痛いくらいのキスをして

作品番号
1308867

最終更新日
2016/3/11

痛いくらいのキスをして

★ぺぺ子★/著 ジャンル/恋愛(純愛)
3ページ
PV数/65・総文字数/2,766

こんなにそばに居るのに、

指いっぽんすら

触れる事は許されない。



身体を許す事は簡単な行動のはずなのに




あなたには、まるで純粋な少女のように、
不器用な笑顔を見せるのが精一杯。




ねぇ、たった一夜でいいから、
ねぇ、たった一度でいいから、

わたしだけのあなたになって下さい。





たった一つの願い事。



『痛いくらいのキスをして』





小説を読む